本当の無添加化粧品を求めるなら、自家製化粧品がオススメ

本当の無添加化粧品を求めるなら、自家製化粧品がオススメ

一般的にいわれている無添加化粧品というのは、厚生省によって決められたアレルギー反応を引起す可能性が高いとされる、102種類の成分含んでいない商品を指しているメーカーがほとんどでしょう。しかし、何も入っていないわけではないのです。ほとんどの商品が化学物質を使っているのです。

本当に無添加化粧品を使いたいのであれば、自分で作ってみましょう。防腐剤も入れませんし、もちろん添加物も入れません。パイナップルと豆乳を使った化粧水が販売されていましたが、同じようなものは自分でも作ることが可能です。ちょっと手間をかければ、お値段もお安く自分にあった無添加な化粧水をつくることができます。

手作りの場合、無添加で自分にあった化粧品を使える反面、あまりたくさんの量を作り置きできないという難点もあります。小まめに使い切る分だけを作るようにしましょう。最近では主婦層や若い女性でも手作り化粧品を使っている方が増えているようです。初めて作ってみる場合は、初心者用キットがあるので利用してみてもよいでしょう。

いくら手作りとはいえ、自分のお肌に合わないと意味がありません。キットで作るにしても、よく内容を確認してから作るようにしてください。

本当の無添加化粧品を求めるなら関連エントリー

本当の無添加化粧品を求めるなら
無添加化粧品というのは、厚生省によって決められたアレルギー反応を引起す可能性が高いとされる、102種類の成分を含んでいない商品。しかし・・・
人気の無添加・自然派化粧品
通信販売で実績を上げたファンケルは無添加化粧品として有名です。中でも洗顔セットをご存知の女性は多いでしょう。
無添加化粧品でシミをケアしましょう
お肌にシミができる原因にはいくつかあります。質のよくない化粧品は肌へのダメージが大きく、シミを作りやすいのです。
無添加化粧品から選ぶファンデーション
ファンデーションは毎日使うもので、女性にとっては必須アイテムです。日々使うものだからこそ、肌に優しい、安心安全な無添加商品を選びたいものです。
安くて質の高い無添加化粧品を
無添加で快適な生活環境を実現するために知っておきたいこと。間違わないためのポイントを解説!
通販で購入する無添加化粧品
無添加化粧品の通販では、サンプルを用意しているケースが多い。使い心地を確かめてから購入することもできます。
髪のお手入れにも無添加化粧品を
ヘアケアには、頭皮へのダメージが少ない無添加製品を使うのが好ましいでしょう。特に肌の弱い方は、刺激の強いタイプのシャンプーは避けたほうが無難です。